デザイン事務所|福岡|株式会社アルジュナ

タイ料理を中心としたメニュー展開で、17年間「無名の店」として営んできた当店がスパイスカレー専門の店として刷新。
これまで培ったスキルやカルチャー(料理・人・街…)を存分に発揮し、カレー好きな人たちの心に響く、パンチの効いた味を提供する。
長崎県内にはスパイスカレーの店が少ないため、スパイスカレー難民のオアシスになるような店を目指す。

[クライアント]
shabashaba
[業種]
飲食店・食品
[カテゴリ]
ロゴ(CI・VI) / ネーミング
[その他タグ]
#CI・VI開発 #ロゴ #看板・サイン #九州 #長崎

Outputアウトプット

Conceptコンセプト

ドラムブランド”Zildjian”(ジリジャン)のロゴから着想した作文字(さくもじ)。スパイスの刺激で「シャーン!」とシンバルの音が脳に響くようなインパクトを目指した。
“Shaba”を2つ重ねるため造形が煩雑にならないようコンパクトにまとめ、読みやすく印象に残るように工夫。カレーのシズル感とカレーリーフの葉をシンプルにあしらった。

 

店名の由来

シャバ…「娑婆(梵: sahā)」苦難に耐え、授かった命を生きぬくこの世のこと。
儚きこの世にしっかりと根を張って生きる、生命力を表す。
目が醒めるような力のあるカレーを提供する。

Team制作チーム

[アートディレクション/デザイン]
牛島樹世

Contactお問い合わせ

ブランディング、パッケージデザイン、webサイト、販促ツール制作などのご相談は、まずはお気軽にご連絡ください。